来店不要で借りることが可能

カードローンでお金を借りる際にですが、出来れば来店することなく契約して振込してもらいたいですよね。

 

自動契約機や消費者金融の店舗に行っていたら、入っているところを誰かに見られてしまったら、お金を借りているというのがすぐにばれてしまいますからね。

 

銀行カードローンでも銀行窓口で申し込みしていたら、誰が知り合いがその銀行にちょうど来ている可能性もありますからね。世の中弘そうで狭いのでどこで知り合いに会うかは分かりません。

 

ですので、やはり来店することなく契約してお金を借りたいところです。

 

で、来店不要でお金を借りることが出来るカードローンはあるのか?ということですが、来店不要でお金を借りれるカードローンはあります!

 

というか、今はほとんどの大手消費者金融や銀行カードローンで来店不要でお金を借りることが出来ます。中小の消費者金融だと来店しないといけないところもありますけどね。

 

この来店不要でのお金の借り方ですが、「振込でキャッシング」してもらう方法と、「ローンカードを送ってもらってキャッシング」する方法の2種類があります。

 

振込でキャッシング

振込でのキャッシングは、その名の通りですがいつも使っている銀行口座に振込してもらうようになります。

 

ですので、振込キャッシングしてもらえれば、銀行ATMに行ってお金をおろすだけになります。

 

銀行ATMでお金をおろしているだけだと、見られたとしてもお金を借りているということは全くバレないですね。普通に口座から降ろしているだけですから。

 

振込なので銀行営業時間外や土日祝日は振込できないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、各消費者金融によって違ってきますが、24時間振込できる銀行や振込時間を延長している銀行などがあります。

 

ですので、そういったところならば銀行営業時間外でも振込することが出来ます。

 

振込キャッシングなので、来店することなくお金を借りることが出来て便利ですね。

 

ローンカードを送ってもらってキャッシング

あと、ローンカードを送ってもらってキャッシングすることもできます。

 

銀行カードローンの場合だと、来店しなくても借りれるのですが、振込キャッシングは出来ないところもあります。

 

ローンカードが家に送られてきて、そのカードをコンビニなどの提携ATMに行って利用することでキャッシングできるという流れになります。

 

この場合、どうしても郵送などになるので実際にカードが送られてくるまでに数日はかかります。銀行カードローンならば1週間〜2週間程度はかかるでしょう。

 

消費者金融の場合はカードが送られてくるのが早いですが、振込キャッシングしてもらえるところがほどんどなのd、振込キャッシングを利用するのが手っ取り早いでしょうね。

おすすめの来店不要カードローン

来店不要のカードローンは消費者金融と銀行とありますが、どちらかというと消費者金融がおすすめになります。

 

消費者金融だと即日中の振込キャッシングも可能ですし、もちろんカードを郵送で送ってもらってのATMでのキャッシングも可能となっています。

 

銀行に関しては安心感というのがあるかもしれませんが、カードが送られてくるまでに2週間程度かかることもあるというデメリットは大きいかなという気がします。

 

時間的にも余裕があるという人は銀行でもいいかもしれませんけどね。

 

とりあえず、来店不要でお金を借りれるカードローンでおすすめの金融機関を紹介しておきますね。

 

プロミス
プロミス

来店不要のカードローンとして、特に利便性が優れているのがプロミスです。
プロミスは全国約200もの金融機関で24時間365日振込が可能となっているのです。
口座振替で契約して、カードレスを選択しておけば、カードも送られてこないので、郵送物から家族にバレるのでは?と不安に思っている方も大丈夫ですよ。

 

アコム
アコム

アコムは楽天銀行ならば24時間365日振込可能となっています。他の銀行でも振込時間を拡大している金融機関があるので、利便性に優れています。
また、アコムは最高融資額が800万円と超高額に設定されていて、金利は3.0%〜18.0%と最高金利がかなり低く設定されています。

 

バンクイック
三菱UFJ銀行

銀行カードローンなら三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックが良いでしょう。
全国の方が来店不要で借りることが出来ますし、金利は年1.8%〜14.6%と最高金利が低く設定されているので、少額の融資枠になった場合でも低金利で利用できます。
毎回の返済額は1,000円からなので無理なく返済していくことが出来ますよ。

 

 

カードローンの申込方法

カードローンのを申込する場合はいくつかの申込方法があります。

 

・店頭申込
・電話申込
・ネット(WEB)申込

 

こちらの3つの申込方法が主流となっています。

 

申込方法 来店 申込時間
店頭申込 銀行カードローンの場合だと銀行窓口で申し込み。消費者金融の場合は、各消費者金融の窓口もしくは自動契約機設置店での申込となります。 営業時間内
電話申込 その名の通り、電話で申込する事ができます。オペレーターが申し込みの受付をします。 不要 営業時間内
ネット申込 パソコンやスマホ、タブレット、携帯からインターネットを利用して申込する方法となります。 不要 24時間

 

来店せずに申込する事ができるのは、『電話申込』と『ネット申込』となっています。

 

なので、来店不要でカードローンを利用したい場合は、『電話申込』か『ネット申込』いずれかの方法で申し込みするといいでしょう。

 

ちなみに、申し込み方法によってカードローンの商品内容が変わるって事も無いので、どの申込方法を選んでも問題ないですよ。

 

でもやっぱり、一番便利な申込方法は『ネット申込』かな、って気がしますね。

 

なぜかといえば、ネット申込の場合はスマホや携帯から24時間いつでもどこからでも申込する事ができるからです。

 

店頭申込みや電話申込の場合は、営業時間内に申込しなければならないので、時間的に忙しい方などは申込するのが難しくなる可能性もあります。

 

その点、ネット申込は365日24時間対応となっているので、いつでも好きな時に申込する事ができますからね。

 

なので、来店不要でカードローン利用する場合は、ネットから申込してみるといいでしょう。ちょっとパソコンやスマホの操作が苦手だな…って方は、電話から申込するといいですよ。

 

来店不要カードローンのメリット・デメリット
メリット

・わざわざ店舗まで行く必要が無いので面倒臭くない
・24時間いつでも申込する事ができる(※ネット申込の場合)
・誰にもバレず申込できる(※店頭申込みの場合は人に見られる可能性がある)

デメリット

・なし

 

来店不要カードローンにメリットはあってもデメリットはありませんよね。

 

振込が時間が限定されているのならば、急いでいる時などはカードを取りに行ったほうが良いということになり、こちらがデメリットになりますが、プロミスとかだと24時間365日振込することが出来るわけですからね。

 

やはりデメリットはないかなということになります。

銀行カードローンは即日融資が難しい

来店不要カードローンは消費者金融や銀行カードローンなどいろいろとありますが、銀行カードローンに関しては即日融資は不可能となっています。

 

昔は銀行カードローンでも即日融資を受けることが出来ていたのですが、2018年から銀行カードローンの即日融資は不可能となったのです。

 

何故かというと、反社会勢力に貸付を行わないために、金融庁が銀行に対して申込者の情報を警視庁のデータベースで紹介するように決めたのです。

 

この警視庁のデータベース紹介をしないといけなくなったので、審査自体に数日間は絶対にかかってしまうようになったのです。

 

ですので、平均してローンカードが家に届くまでには、申し込みしてから2週間程度と思っておくといいでしょう。

 

当サイトで紹介している、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは、最短翌営業日にテレビ窓口でカードを受け取ることもできますので、銀行カードローンとしてはかなり早く借入することが出来るでしょう。

 

ただ、あくまで最短翌営業日ということであり、かなりスムーズに審査が言った場合になります。

 

ですので、基本的に「次の日には借りれる」と思ってはおかないほうが良いでしょう。

 

しかもこのテレビ窓口での受け取りに関しては、三菱UFJ銀行内にあるテレビ窓口まで行かないといけないので、来店不要ということにはなりませんね。

 

ですので、やはり即日融資を来店不要で受けたい場合には、プロミスやアコムといった消費者金融を利用するようにしましょう。

 

専用アプリ

カードローンによっては、スマホやタブレット向けの専用アプリを作っているところもあります。

 

専用アプリをダウンロードしておけば、申込する時に必要な身分証(免許証や保険証など)の提出も、スマホのカメラで撮影してそのままアプリ経由で画像を送ることが出来ます。

 

カードローン利用状況などもアプリから簡単に確認する事ができるので、専用アプリがあるカードローンを利用するのがお勧めですね。

 

特に、来店不要でカードローンを利用したい場合はアプリをダウンロードしておくと便利だと思いますよ。

 

アプリがあるカードローンとして「プロミス」「アコム」「アイフル」「SMBCモビット」「レイクALSA」「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」などがあげられます。

ソフト闇金に注意

闇金という言葉を以前ほどは聞かなくなりましたよね。以前は「090金融」等と言われていて、電柱などにチラシが張られていたりしましたが今はそういうのは無くなりました。

 

でも、まだまだ実は闇金ははびこっているのが現状です。

 

チラシなどを使うのではなく、ネット上で闇金融がはびこっているのです。

 

個人間融資と言われるツイッターやインスタのSNSや掲示板などを使って、お金を貸してという人に対して、闇金という素性を隠して貸付しているのです。

 

借りた人からすれば親切な人が貸してくれたと思っているのかもしれませんが、実は闇金で違法な金利をむしり取られる結果になってしまいます。

 

また、ブラックリストに載っている人などは、自分がまっとうな消費者金融からは借りれないということが分かっているので、闇金と分かって借りている人も多いのです。

 

最近では闇金というよりも「ソフト」を付けてソフト闇金と言ったりします。

 

グーグルの検索で「ソフト闇金」と入れると、ソフト闇金の業者が出てきます。あたかもまっとうな業者のような感じで、堂々と「ソフト闇金」と名乗っているのです。

 

検索結果に違法なサイトがこんなに出てくる検索エンジンってどうなんだろう?っていう疑問も出てきますが・・・。

 

これらのソフト闇金のサイトには堂々と金利まで書かれています。

 

10日で30%に手数料が3,000となっています・・・。恐ろしいほどの利息ですよね。

 

10万円を借りたとすると、10日後には13万円の借金になっているのです。だいたい1か月である30日後には、利息の支払いとかを考えずに計算すると19万円になっています。

 

だいたい1か月で借金が倍になるということですね・・・。恐ろしい・・・。

 

しかも、遅れたときには遅延損害金も必要ということが書かれていたりします。遅れたらこれ以上の金額になるのです。

 

こんな金利だと絶対に返済していけませんよね。

 

しかも、ソフト闇金業者は自分たちが違法ということは重々承知の上で営業しているからたちが悪いですね。

 

よく「闇金の借金は返さなくていい」と言われていますが、もちろん不法原因給付なので正しいのですが、そう簡単に引き下がるような相手ではないですよね。

 

身分証などは必ず差し出しているはずなので、住所などはバレているわけですからね。何をしてくるかが分かりません。

 

しかもその情報を他の業者に売るって言うこともする可能性があります。

 

ですので、ソフト闇金業者に手を出してしまうともう終わってしまいますよね。いろいろこれから生きていくのが大変になります。

 

なので、絶対に闇金・ソフト闇金業者には手を出さないようにしましょう。いくらブラックだから借りたくても借りれないと言っても絶対に手を出してはいけないところになります。

 

※参照:金融庁「違法な金融業者にご注意!

TOPへ